25:1 其  時  天國 は、十 人 の 處女  面々  燈 を 執 りて 新郎 と 新婦 とを 迎 へに 出 たる 如 くならん。
25:2 其  中 五 人 は 愚 にして五 人 は 賢 し、
25:3 愚 なる五 人 は 燈 を 執 りて 油 を 携 へざるに、
25:4 賢 きは 燈 と 共 に 油 を 器 に 携 へたり。
25:5 新郎  遅 かりければ、 皆  假寝 して 眠 りたりしが、
25:6 夜中 に「すわ 新郎  來 たるぞ、 出  迎 へよ」との 聲 ありしかば、
25:7 處女  皆  起 きて 其  燈 を 整 へたり。
25:8 愚 なるが 賢 きに 云 ひけるは、 汝  等 の 油 を 我  等 に 分 て、 我  等 の 燈  滅 ゆ、と。
25:9 賢 きが 答 へて 云 ひけるは、 恐 らくは 我  等 と 汝  等 とに 足 らじ、 寧  売  者 に 往 きて 自 の 為 に 買 へ、と。
25:10 彼等 が 買 はんとて 往 ける 間 に、 新郎  來 りしかば、 用意 してありし 者  等 は、 彼 と 共 に 婚筵 に 入 り、 然 て 門 は 鎖 されたり。
25:11 軈 て 他 の 處女  等 も 來 りて、 主 よ 主 よ、 我  等 に 開 き 給 へ、と 云 ひ 居 れども、
25:12 彼  答 へて、 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 我 は 汝  等 を 知 らず、と 云 へり。
25:13 然 れば 警戒 せよ、 汝  等 は 其  日  其  時 を 知 らざればなり
25:14 [ 天國 は] 即  或  人  遠 く 旅立 たんとして、 其  僕  等 を 召 び、 是 に 我  所有 を 渡 せるが 如 し。
25:15 一人 には五タレント、 一人 に二タレント、 一人 には一タレントを、 各  其  器量 に 應 じて 渡 し、 然 て 直 に 出立 せしが、
25:16 五タレントを 受 けし 者 は、 往 きて 之 を 以 て 取引 して、 外 に五タレントを 贏 け、
25:17 二タレントを 受 けし 者 も 同 じ 様 にして、 外 に二タレントを 贏 けしに、
25:18 一タレントを 受 けし 者 は、 往 きて 地 を 掘 り 主人 の 金 を 蔵 し 置 けり。
25:19 久 しうして 後 、 此  僕  等 の 主人  來 りて 彼等 と 計算 せしが、
25:20 五タレントを 受 けし 者  近 づきて、 別 に五タレントを 差出 して 云 ひけるは、 主君 よ、 我 に五タレントを 渡 し 給 ひしが、 看 よ 別 に 又 五タレントを 贏 けたり、と。
25:21 主人  云 ひけるは、 宜 し、 善 にして 忠 なる 僕 よ、 汝  些少 なる 物 に 忠 なりしにより、 我  汝 に 多 くの 物 を 宰 らしめん、 汝 の 主人 の 喜 に 入 れよ、と。
25:22 二タレントを 受 けし 者 も 亦  近 づきて 云 ひけるは、 主君 よ、 我 に二タレントを 渡 し 給 ひしが、 看 よ 別 に 又 二タレントを 贏 けたり、と。
25:23 主人  云 ひけるは、 宜 し 善 にして 忠 なる 僕 よ、 汝  些少 なる 物 に 忠 なりしにより、 我  汝 に 多 くの 物 を 宰 らしめん、 汝 の 主人 の 喜 に 入 れよ、と。
25:24 一タレントを 受 けし 者 も 亦  近 づきて 云 ひけるは、 主君 よ、 我  汝 の 厳 しき 人 にして、 播 かざる 處 より 穫 り、 散 らさざる 處 より 聚 むるを 知 り、
25:25 懼 れて、 往 きて 汝 のタレントを 地 に 蔵 し 置 けり、 看 よ 汝  己 が 物 を 有 す、と。
25:26 主人  答 へて 云 ひけるは、 惡 くして 懶惰 なる 僕 よ、 汝  我  播 かざる 處 より 穫 り、 散 らさざる 處 より 聚 むるを 知 りたれば、
25:27 我  金 を 兩替  屋 に 預 くべかりき、 然 らば 我  來 りて、 我  有 を 利子 と 共 に 受 けしならん。
25:28 然 れば 汝  等 。 此  者 より 其 タレントを 取 りて、十タレントを 有 てる 者 に 與 へよ、
25:29 蓋  総 て 有 てる 人 は 與 へられて 裕 ならん、 然 れど 有 たぬ 人 は、 其  有 てりと 思 はるる 所 までも 奪 はれん、
25:30 無益 なる 僕 を 外 の 暗 に 投出 せ、 其處 には 痛哭 と 切歯 と 在 らん、と。
25:31 人 の 子  己 が 威光 を 以 て 諸 の[ 天 ] 使 を 從 へて 來 らん 時 、 其  威光 の 座 に 坐 せん。
25:32 斯 て 萬民 を 其  前 に 集 め、 彼等 を 別 つこと、 恰  牧者 が 羊 と 牡  山羊 とを 別 つが 如 く、
25:33 羊 を 右 に、 牡  山羊 を 左 に 置 かん。
25:34 時 に 王 は 其  右 に 居 る 者 に 云 はん、 來 れ、 我  父 に 祝 せられたる 者 よ、 世界  開闢 より 汝  等 の 為 に 備 へられたる 國 を 得 よ。
25:35 其 は 我 が 飢 ゑしに 汝  等 は 食 せしめ、 我 が 渇 きしに 汝  等  飲 ましめ、 我 が 旅人 なりしに 汝  等  宿 らせ、
25:36 裸 なりしに 着 せ、 病 みたりしに 訪 ひ、 監獄 に 在 りしに 來 りたればなり、と。
25:37 此  時  義人  等  彼 に 答 へて 云 はん、 主 よ、 我  等  何時  飢 ゑ 給 ふを 見 て 主 に 食 せしめ、 渇 き 給 ふを[ 見 て] 主 に 飲 ましめ、
25:38 何時  旅人 に 在 せるを 見 て 主 を 宿 らせ、 又  裸 に 在 るを[ 見 て] 主 に 着 せしぞ、と。
25:39 又  何時  病 み 給 ひ 或 は 監獄 に 居  給 ふを 見 て 主 に 至 りしぞ、と。
25:40 王  答 へて 彼等 に 云 はん、 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 汝  等 が 我  此  最  小 き 兄弟 の 一人 に 為 したる 所 は、 事  毎 に 即  我 に 為 ししなり、と。
25:41 斯 て 左 に 居 る 者 にも 亦  云 はん、 詛 はれたる 者 よ、 我 を 離 れて、 惡魔 と 其  使  等 との 為 に 備 へられたる 永遠 の 火 に[ 入 れ]。
25:42 其 は 我 が 飢 ゑしに 汝  等 は 食 せしめず、 我 が 渇 きしに 汝  等  飲 ましめず、
25:43 我 が 旅人 なりしに 汝  等  宿 らせず、 裸 なりしに 汝  等  着 せず、 病 み 又  監獄 に 在 りしに 汝  等  訪 はざりし 故 なり、と。
25:44 此  時  彼等 も 王 に 答 へて 云 はん、 主 よ、 我  等  何時  主 の 飢 ゑ、 或 は 渇 き、 或 は 旅人 たり、 或 は 裸 なり、 或 は 病 み、 或 は 監獄 に 居  給 ふを 見 て 主 に 事 へざりしぞ、と。
25:45 此  時  王  彼等 に 答 へて 云 はん、 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 汝  等 が 此  最  小 き 者 の 一人 に 為 さざりし 所 は、 事  毎 に 即  我 に 為 さざりしなり、と。
25:46 斯 て 是  等 の 人 は 永遠 の 刑罰 に 入 り、 義人 は 永遠 の 生命 に 入 るべし、と。