24:1  第 三 項 イエズスエルザレムの 滅亡  等 を 豫言 し 給 ふ   イエズス[ 神 ] 殿 を 出 でて 往 き 給 ひけるに、 弟子  等 [ 神 ] 殿 の 構造 を 示 さんとて 近 づきしかば、
24:2 答 へて 曰 ひけるは、 汝  等  此  一切 の 物 を 見 るか、 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 此處 には 一 の 石 も 崩 れずして 石 の 上 に 遺 されじ、と。
24:3 斯 て 橄欖  山 に 坐 し 給 へるに、 弟子  等  竊 に 近 づきて 云 ひけるは、 此  事  等 のあらんは 何時 なるぞ、 又  汝 の 再臨 と 世 の 終 との 兆 は 何 なるぞ。
24:4 イエズス 答 へて 曰 ひけるは、 汝  等  人 に 惑 はされじと 注意 せよ、
24:5 其 は 多 くの 人  我  名 を 冒 し 來 りて、 我 はキリストなりと 云 ひて、 多 くの 人 を 惑 はすべければなり。
24:6 即  汝  等  戰闘 と 戰闘 の 風説 を 聞 かん、 而 も 慎 みて 心 を 騒 がす 事  勿 れ、 是  等 の 事  蓋 あるべし、 然 れど 終 は 未  至 らざるなり。
24:7 即  民 は 民 に、 國 は 國 に 立  逆 らひ、 又  疫病  飢饉  地震  處々 にあらん、
24:8 是  皆  苦 の 初 なり。
24:9 其  時  人々  汝  等 を 困難 に 陥  入 れ、 又  死 に 處 し、 汝  等  我  名 の 為 に 萬民 に 憎 まれん。
24:10 其  時  多 くの 人  躓 きて、 互 に 反應 し 互 に 憎 み、
24:11 又  僞  預言  者  多 く 起 りて、 多 くの 人 を 惑 はさん、
24:12 且  不義 の 溢 れたるによりて、 多數 の 人 の 愛  冷 えん、
24:13 然 れど 終 まで 耐忍 ぶ 人 は 救 はるべし。
24:14 [ 天 ] 國 の 此  福音 は、 萬民 に 證 として 全  世界 に 宣傳 へられん、 斯 て 後  終 は 至 るべし。
24:15 然 れば 汝  等 、 預言  者 ダニエルに 託 りて 告 げられし「 最  憎 むべき 荒廃 」が 聖所 に 厳然 たるを 見 ば、
24:16 読 む 人  悟 るべし。 其  時 ユデアに 居 る 人 は 山 に 遁 るべし、
24:17 屋根 に 居 る 人 は、 其  家 より 何  物 をか 取出 ださんとて 下 るべからず、
24:18 畑 に 居 る 人 は、 其  上着 を 取 らんとて 歸 るべからず。
24:19 其  日 に 當 りて 懐胎 せる 人 、 乳 を 哺 まする 人 は 禍 なる 哉 。
24:20 汝  等 の 遁 ぐる 事 の、 或 は 冬 、 或 は 安息日 に 當 らざらん 事 を 祈 れ。
24:21 其  時 には、 世 の 始 より 曾 て 無 く、 又  後 にも 有 るまじき 程 の、 大 なる 患難 あるべければなり。
24:22 其  日  若  縮 められずば、 救 はるる 人 なからん、 然 れど 其  日 は、 選 まれたる 人々 の 為 に 縮 めらるべし。
24:23 其  時  若  人 ありて 汝  等 に、「 看 よキリストは 此處 に 在 り、 彼處 に 在 り」と 云 ふとも 信 ずること 勿 れ、
24:24 其 は 僞 キリスト 及  僞  預言  者  起 りて、 大 なる 徴 と 奇蹟 とを 行 ひ、 能 ふべくんば 選 まれたる 人々 をさへも 惑 はさんとすべければなり。
24:25 我  預  之 を 汝  等 に 告 げたるぞ。 然 れば 汝  等  假令 、「 看 よキリストは 荒野 に 在 り」と 云 はるとも 出 ること 勿 れ、
24:26 「 看 よ 奥室 に 在 り」と 云 はるとも 信 ずること 勿 れ、
24:27 其 は 電光 の 東 より 出 て 西 にまで 見 ゆる 如 く、 人 の 子 の 來 るも 亦  然 るべければなり。
24:28 総 て 屍 の 在 る 處 には 鷲 も 亦  集 らん。
24:29 此  日々 の 患難 の 後 、 直 に 日  晦 み、 月  其  光 を 與 へず、 星  天 より 隕 ち、 天 の 能力  総 て 動揺 せん。
24:30 其  時  人 の 子 の 徴  空 に 現 れん。 其  時  又  地 の 民族  悉 く 哭 き、 人 の 子 が 大 なる 能力 と 威光 とを 以 て 空 の 雲 に 乗 り 來 るを 見 ん。
24:31 彼  聲  高 き 喇叭 を 持 てる 己 が 天使等 を 遣 はし、 天 の 此  涯 まで、 四方 より 其  選 まれし 人々 を 集 めしめん。
24:32 汝  等  無花果  樹 より 喩 を 學 べ、 其  枝  既 に 柔 ぎて 葉 の 生 ずる 時 、 汝  等 は 夏 の 近 きを 知 る。
24:33 斯 の 如 く、 此  一切 の 事 を 見 ば、 既 に 門 に 近 しと 知 れ。
24:34 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 是  等 の 事 の 皆  成 る 迄 は、 現代 は 過 ぎざらん。
24:35 天地 は 過 ぎん、 然 れど 我  言 は 過 ぎざるべし。
24:36 其  日  其  時 をば 何人 も 知 らず、 天使 すらも 知 らず、 知 り 給 へるは 唯  父  獨 のみ。
24:37 ノエの 日 に 於 る 如 く、 人 の 子 の 來 るも 亦  然 らん。
24:38 即  洪水 の 前 の 頃 、ノエの 方舟 に 入 る 其  日 までも、 人々  飲 み 食 ひ 娶 り 嫁 ぎして、
24:39 洪水  來 りて 悉 く 彼等 を 引  浚 ふまで 知 らざりし 如 く、 人 の 子 の 來 るも 亦  然 らん。
24:40 其  時  二人  畑 に 在 らんに、 一人 は 取 られ 一人 は 遺 されん。
24:41 二人 の 女  磨 を 挽 き 居 らんに、 一人 は 取 られ 一人 は 遺 されん。
24:42 然 れば 汝  等  警戒 せよ、 汝  等 の 主 の 來 り 給 ふは 何 れの 時 なるかを 知 らざればなり。
24:43 汝  等  之 を 知 れ、 家父  若  盗賊 の 來 るべき 時 を 知 らば、 必  警戒 して 其  家 を 穿 たせじ。
24:44 然 れば 汝  等 も 用意 してあれ、 汝  等 の 知 らざる 時 に 人 の 子  來 るべければなり。
24:45 時 に 應 じて 糧 を 其  僕  等 に 與 へさせんとて、 主人 が 彼等 の 上 に 立 てたる、 忠誠  怜悧 なる 僕 を 誰 と 思 ふぞ。
24:46 其  主人 の 來 らん 時 、 然 するを 見出 されたる 僕 は 福 なり。
24:47 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 主人 は 其  凡 ての 所有 を 是 に 宰 らしめん。
24:48 然 れど 若  彼  惡 しき 僕 、 心 の 中 に「 主人 の 來 ること 遅 し」と 謂 ひて、
24:49 其  同輩 に 殴  掛 り、 酒徒 と 酒食 を 共 にせば、
24:50 其  僕 の 主人 、 彼 が 思 はざる 日 、 知 らざる 時 に 來 りて、
24:51 之 を 處罰 し、 其  報 を 僞善  者 と 同 じうすべし、 其處 には 痛哭 と 切歯 とあらん。