21:1  第 一 項 イエズスエルザレムに 歓迎 せられ 給 ふ   イエズスの 一行 エルザレムに 近 づき、 橄欖  山 の 麓 なるベトファゲに 至 りし 時 、イエズス 二人 の 弟子 を 遣 はさんとして、
21:2 曰 ひけるは、 汝  等  向 の 邑 に 往 け、 然 らば 直 に 繋 げる 牝  驢馬 の 其  子 と 共 に 居 るに 遇 はん、 其 を 解 きて 我 に 牽  來 れ。
21:3 若  人 ありて 汝  等 に 語 はば、 主  之 を 要 すと 云 へ、 然 らば 直 に 許 すべし、と。
21:4 総 て 此  事 の 成 れるは、 預言  者 によりて 云 はれし 事 の 成就 せん 為 なり、
21:5 曰 く「シオンの 女 に 云 へ、 看 よ 汝 の 王  柔和 にして、 牝  驢馬 と 其  子 なる 小  驢馬 とに 乗 りて 汝 に 來 る」と。
21:6 弟子  等  往 きてイエズスの 命 じ 給 ひし 如 くに 為 し、
21:7 牝  驢馬 と 其  子 とを 牽  來 り、 己 が 衣服 を 其  上 に 敷 き、イエズスを 是 に 乗 せたるに、
21:8 群衆  夥 しく 己 が 衣服 を 道 に 敷 き、 或  人々 は 樹 の 枝 を 伐 りて 道 に 敷 きたり。
21:9 先 に 立 ち 後 に 從 へる 群衆  呼 はりて、ダヴィドの 裔 にホザンナ。 主 の 名 によりて 來 るものは 祝 せられ 給 へ。 最  高 き 處 までホザンナと 云 ひ 居 れり。
21:10 斯 てイエズスエルザレムに 入 り 給 ひしに、 是 は 抑  誰 なるぞ、と 町  挙 りて 動揺 きけるが、
21:11 人民 は、 是 ガリレアのナザレトより 出 でたる 預言  者 イエズスなり、と 云 ひ 居 れり。   
21:12  第 二 項 エルザレムに 於 るイエズスの 所業      イエズス 神殿 に 入 り 給 ひて、 殿内 にて 売買 する 人 を 悉 く 遂  出 だし、 兩替  屋 の 案 と 鳩  売 る 人々 の 腰掛 とを 倒 して、
21:13 彼等 に 曰 ひけるは、 録 して「 我家 は 祈 の 家 と 稱 へらるべし」とあるに、 汝  等 は 之 を 強盗 の 巣窟 と 為 せり、と。
21:14 斯 て 瞽者  跛者  等 、 神殿 にてイエズスに 近 づきしかば、 是  等 を 醫 し 給 へり。
21:15 然 るに 司祭  長  律法  學士  等 、イエズスの 為 し 給 へる 奇蹟 と、ダヴィドの 裔 にホザンナと 殿内 に 呼 はる 兒等 とを 見 て 憤 り、
21:16 彼 に 向 ひて 云 ひけるは、 汝  彼等 の 云 ふ 所 を 聞 くや、と。イエズス 是 に 曰 ひけるは、 然 り「 孩兒 と 乳兒 との 口 に 賛美 を 全 うし 給 へり」とあるを 汝  等  曾 て 読 まざりしか、と。
21:17 斯 て 彼等 を 離 れ、 街 を 出 でてベタニアに 往 き、 其處 に 宿 り 給 へり。
21:18 明朝  街 に 返 る 時  飢 ゑ 給 ひしが、
21:19 路傍 に 一  本 の 無花果  樹 を 見 て 其 の 下 に 至 り 給 ひしに、 葉 の 外 に 何  物 をも 見 ざりしかば、 是 に 向 ひて、 汝  何時 までも 果 らざれ、と 曰 ひしに、 無花果  樹  忽 ち 枯 れたり。
21:20 弟子  等  見 て 感嘆 し、 如何 にして 速 に 枯 れたるぞ、と 云 ひしに、
21:21 イエズス 答 へて 曰 ひけるは、 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 汝  等  若  信仰 ありて 躊躇 せずば、 啻 に 之 を 無花果  樹 に 為 すべき 耳 ならず、 假令  此  山 に 向 ひて、 汝  自  抜 けて 海 に 入 れと 云 ふとも 亦  然  成 らん。
21:22 総 て 祈 りの 中 に 信 じて 求 むる 事 は、 汝  等  悉 く 之 を 受 けん、と。
21:23 イエズス 神殿 に 至 りて 教 へつつ 居  給 ひけるに、 司祭  長  及  民間 の 長老  等 、 近 づきて 云 ひけるは、 汝  何 の 権 を 以 て 是  等 の 事 を 為 すぞ、 又  誰 か 此  権 を 汝 に 與 へしぞ。
21:24 イエズス 答 へて 曰 ひけるは、 我 も 一言  汝  等 に 問 はん、 汝  等  之 を 語 らば、 我 も 亦  何 の 権 を 以 て 之 を 行 ふかを 汝  等 に 告 げん。
21:25 ヨハネの 洗禮 は 何處 よりなりしぞ、 天 よりか 将  人 よりか、と。 彼等  相  共 に 慮 りて、
21:26 若  天 よりと 云 はば、 何故 に 彼 を 信 ぜざりしかと 云 はるべく、 若  人 よりと 云 はば、 人  皆 ヨハネを 預言  者 とせると 以 て 民衆 に 憚 りありとし、
21:27 終 にイエズスに 答 へて、 我  等  之 を 知 らず、と 云 ひしかば、イエズス 亦  曰 ひけるは、 我 も 何 の 権 を 以 て 是  等 の 事 を 行 ふかを 汝  等 に 告 げず。
21:28 汝  等  之 を 如何 に 思 ふぞ。 或  人  二人 の 子 ありしが、 長男 に 近 づきて、 子 よ、 今日  我  葡萄  畑 に 往 きて 働 け、と 云 ひけるに、
21:29 彼  答 へて、 否 と 云 ひしも、 遂 に 後悔 して 往 きたり。
21:30 又  次男 に 近 づきて 同 じ 様 に 云 ひけるに、 彼  答 へて、 父 よ 我  往 く、と 云 ひしも 遂 に 往 かざりき。
21:31 此  二人 の 中  孰 か 父 の 旨 を 成 したるぞ、と。 彼等  長男 なりと 云 ひしかば、イエズス 曰 ひけるは、 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 税吏 と 娼妓 とは 汝  等 よりも 先 に 神 の 國 に 入 らん。
21:32 其 はヨハネ 義 の 道 を 以 て 汝  等 に 來 りしに、 汝  等  彼 を 信 ぜず、 税吏 と 娼妓 とは 却 て 彼 を 信 じたりしを、 汝  等  之 を 見 ても 猶  後悔 せず、 終 に 彼 を 信 ぜざりければなり。
21:33 又  一 の 喩 を 聞 け、 或  家父  葡萄  畑 を 作 りて 籬 を 繞 らし、 中 に 酪穴 を 堀 り、 物見  台 を 建 て、 之 を 小作  人  等 に 貸 して 遠方 へ 旅立 ちしが、
21:34 果  時  近 づきしかば、 其  果 を 受取 らせんとて、 僕  等 を 小作  人 の 許 に 遣 はししに、
21:35 小作  人  其  僕 を 捕 へて、 一人 を 殴 ち、 一人 を 殺 し、 一人 に 石 を 投付 けたり。
21:36 更 に 他 の 僕  等 を 先 よりも 多 く 遣 はししに、 彼等  之 をも 同 じ 様 に 遇 へり。
21:37 終 に、 我  子 をば 敬 ふならんとて、 其  子 を 遣 はししに、
21:38 小作  人  此  子 を 見 て 語  合 ひけるは、 是  相続  人 なり、 來 れかし 之 を 殺 さん、 而 して 我  等  其  家督 を 獲 ん、と。
21:39 斯 て 其  子 を 捕 へ、 葡萄  畑 より 逐出 して 殺 せり。
21:40 然 れば 葡萄  畑 の 主  來 らん 時 、 此  小作  人  等 を 如何 に 處置 すべきか。
21:41 彼等  云 ひけるは、 惡人 を 容赦 なく 亡 ぼし、 季節 に 果 を 納 むる 他 の 小作  人 に 其  葡萄  畑 を 貸 さん。
21:42 イエズス 彼等 に 曰 ひけるは、 汝  等  曾 て 聖書 に 於 て 読 まざりしか、「 家 を 建 つるに 棄 てられたる 石 は 隅 の 首石 となれり、 是  主 の 為 し 給 へる 事 にて、 我  等 の 目 には 不思議 なり」とあり。
21:43 然 れば 我  汝  等 に 告 ぐ、 神 の 國 は 汝  等 より 奪 はれ、 其  果 を 結 ぶ 人民 に 與 へらるべし。
21:44 凡  此  石 の 上 に 墜 つる 人 は 砕 けん、 又  此  石  誰 の 上 に 隕 つるも 之 を 微塵 にせん、と。
21:45 司祭  長 ファリザイ 人  等 イエズスの 喩 を 聞 きて、 其  己  等 を 斥 して 曰 へるを 暁 り、
21:46 之 を 捕 へんと 謀 りしが、 群衆  彼 を 預言  者 とせるを 以 て 之 を 懼 れたり。 
22:1 イエズス 答 へて、 又  喩 を 以 て 語 り 曰 ひけるは、