20:1 天國 は 恰 、 家父  朝  早 く 出 でて、 其  葡萄  畑 の 為 に 働 く 者 を 雇 うが 如 し。
20:2 彼  働 く 者 に一 日 一デナリオの 約束 を 為 して、 之 を 葡萄  畑 に 遣 はししが、
20:3 又 九 時  頃  出 でて、 空 しく 市場 に 立 てる 他 の 人々 を 見 て、
20:4 汝  等 も 我  葡萄  畑 に 往 け、 正當 の 物 を 與 へん、と 云 ひければ 彼等  即  往 けり。
20:5 然 て十二 時 と三 時  頃 と 出 でて、 又  同 じ 様 に 為 ししが、
20:6 五 時  頃  又  出 でて、 他 の 立 てる 人々 に 遇 ひて、 何 ぞ 終日  空 しく 此處 に 立 てる、と 云 ひしに、
20:7 彼等 、 雇 ふ 人 なき 故 なり、と 云 ひしかば、 彼 、 汝  等 も 我  葡萄  畑 に 往 け、と 云 へり。
20:8 然 るに 日没 に 至 りて、 葡萄  畑 の 主  其  會計  役 に 向 ひ、 働 く 者 を 呼 びて、 後 の 者 より 始 め、 先 の 者 に 至 るまで 賃金 を 與 へよ、と 云 ひしかば、
20:9 五 時  頃  來 りし 者  至 りて、 各 一デナリオを 受 けたり。
20:10 先 の 者 も 亦  來 りて、 我  等 は 多 く 受 くるならんと 思 ひしに、 同 じく 各 一デナリオを 受 けたれば、
20:11 之 を 受 け 取 りつつ 家父 に 向 ひて 呟 き、
20:12 彼  人々 は一 時  働 きしのみなるに、 汝 は 終日 の 勞苦 と 暑氣 とを 忍 びし 我  等 と 均 しく 之 をあ 遇 へり、と 云 ひければ、
20:13 家父  其  一人 に 答 へて、 友 よ、 我  汝 に 不義 を 為 すに 非 ず、 汝 は 銀 一 枚 にて 我 に 約 せしにあらずや、
20:14 汝 の 分 を 取 りて 往 け。 我 は 此  後 の 者 にも、 亦  汝 と 齊 しく 與 へんと 欲 す。
20:15 抑  又  我 が 欲 する 所 を 為 すは 善 からざるか、 我 が 善 ければとて 汝 の 目  惡 きか、と 云 ひしが、
20:16 斯 の 如 く 後 の 人 は 先 になり、 先 の 人 は 後 にならん。 夫  召 されたる 人 は 多 けれども、 選 まるる 人 は 少 し、と。
20:17 イエズスエルザレムに 上 り 給 ふに、 竊 に十二 人 の 弟子 を 呼寄 せて 曰 ひけるは、
20:18 今 や 我  等 エルザレムに 上 る、 然 て 人 の 子 は 司祭  長  律法  學士  等 に 付 されん、 彼等 は 之 を 死罪 に 處 し、
20:19 又  異邦  人 に 付 して 弄 らしめ、 且  鞭 たしめ、 且  十字架 に 釘 けしめん、 斯 て 三日  目 に 蘇 るべし、と。
20:20 時 にゼベデオの 子等 の 母 、 其  子等 と 共 にイエズスに 近 づき、 禮拝 して 何事 かを 願 はんとしければ、
20:21 イエズス、 何 を 望 むか、と 曰 ひしに 彼  云 ひけるは、 此  我  二人 の 子 を、 御國 に 於 て 一人 は 汝 の 右 に、 一人 は 左 に 坐 すべく 命 じ 給 へ。
20:22 イエズス 答 へて 曰 ひけるは、 汝  等 は 願 ふ 所 を 知 らず、 汝  等  我 が 飲 まんとする 杯 を 飲 み 得 るか、と。 彼等  得 るなり、と 云 ひしかば、
20:23 イエズス 彼等 に 曰 ひけるは、 汝  等  實 に 我  杯 を 飲 まん、 然 れど 我  右左 に 坐 するは、 我 が 汝  等 に 與 ふべきに 非 ず、 我  父 より 備 へられたる 人々 にこそ 與 ふべきなれ、と。
20:24 斯 て十 人 の 弟子  之 を 聞 きて、 二人 の 兄弟 を 憤 りければ、
20:25 イエズス 彼等 を 呼寄 せて 曰 ひけるは、 異邦  人 の 君主 が 人 を 司 り、 大 なる 者  人 の 上 に 権 を 振 ふは 汝  等 の 知 る 所 なり。
20:26 汝  等 の 中 には 然 あるべからず、 汝  等 の 中 に 大 ならんと 欲 する 人 は、 却 て 汝  等 の 僕 となるべし、
20:27 又  汝  等 の 中 に 第  一 の 者 たらんと 欲 する 人 は、 汝  等 の 奴隷 となるべし。
20:28 是  恰 も 人 の 子 の 來 れるは 仕 へらるる 為 に 非 ずして、 却 て 仕 へん 為 、 且  衆人 の 贖 として 生命 を 棄 てん 為 なるが 如 し。
20:29 一行 エリコを 出 づる 時 、 群衆  夥 しくイエズスに 從 ひしが、
20:30 折 しも 路傍 に 坐 せる 二人 の 瞽者 、イエズスの 過 ぎ 給 ふを 聞 き、 主 よ、ダヴィドの 裔 よ、 我  等 を 憐 み 給 へ、と 叫 びければ、
20:31 群衆  彼等 を 拒 みて 黙 せしめんとすれども、 彼等  益  叫 びて、 主 よ、ダヴィドの 裔 よ、 我  等 を 憐 み 給 へ、と 云 ひ 居 れり。
20:32 イエズス 立  止 り、 彼等 を 呼 びて 曰 ひけるは、 我  汝  等 に 何 を 為 さん 事 を 欲 するか、と。
20:33 彼等 、 主 よ 我  等 が 目 の 開 かれん 事 を、と 云 ひしに、
20:34 イエズス 彼等 を 憐 みて 其  目 に 触 れ 給 ひしかば、 彼等 の 目  忽  見 えて、イエズスに 從 へり。