18:1 其  時  弟子  等 、イエズスに 近 づきて 云 ひけるは、 天國 にて 大 なる 者 は 誰 なりと 思 ひ 給 ふか、と。
18:2 イエズス 一人 の 幼兒 を 召寄 せ、 彼等 の 眞中 に 立 たせて、
18:3 曰 ひけるは、 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 汝  等  若  翻 りて 幼兒 の 如 くに 成 らずば、 天國 に 入 らざるべし、
18:4 然 れば 総 て 此  幼兒 の 如 く 自  謙 る 人 は、 天國 にて 大 なる 者 なり、
18:5 又  我  名 の 為 に 斯 の 如 き 一人 の 幼兒 を 承 くる 人 は、 我 を 承 くる 者 なり。
18:6 然 れど 我 を 信 ずる 此  最  小 き 者 の 一人 を 躓 かする 人 は、 驢馬  挽磨 を 頚 に 懸 けられ、 海 の 深處 に 沈 めらるるこそ 彼 に 益 あるなれ。
18:7 躓 あるが 為 に 世 は 禍 なる 哉 。 躓 は 來 らざるを 得 ざれども、 躓 を 來 す 人 は 禍 なる 哉 。
18:8 然 れば 若  汝 の 手  或 は 足  汝 を 躓 かすならば、 之 を 切 りて 棄 てよ、 隻手  或 は 隻足 にて 生命 に 入 るは、 兩手  或 は 兩足 ありて 永遠 の 火 に 投入 れらるるより、 汝 に 取 りて 勝 れり。
18:9 又  若  汝 の 眼  汝 を 躓 かすならば、 之 を 抉 りて 棄 てよ、 隻眼 にて 生命 に 入 るは、 兩眼 ありて 地獄 の 火 に 投入 れらるるより、 汝 に 取 りて 勝 れり。
18:10 汝  等  慎 みて、 此  最  小 き 者 の 一人 をも 軽 んずること 勿 れ、 我  汝  等 に 告 ぐ、 彼等 の[ 天 ] 使  等  天 に 在 りて、 天 に 在 す 我  父 の 御顔 を 常 に 見 るなり。
18:11 蓋  人 の 子 は 失 せたる 者 を 救 はんとて 來 れり。
18:12 汝  等  之 を 何 とか 思 へる、 百  頭 の 羊 を 有 てる 者 、 若  其 一 頭 を 失 はば、九十九 頭 を 山 に 措 き、 往 きて 其  迷 へるものを 尋 ぬるに 非 ずや。
18:13 然 て 之 を 見出 すに 至 らば、 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 迷 はざる九十九 頭 の 羊 の 上 よりも、 尚  此 一 頭 の 上 を 喜 ぶなり。
18:14 斯 の 如 く、 此  最  小 き 者 の 一人 にても、 其  亡 ぶるは、 天 に 在 す 汝  等 の 父 の 御旨 にあらざるなり。
18:15 若  汝 の 兄弟  汝 に 罪 を 犯 さば、 往 きて 汝 と 彼 と 相對 して 彼 を 諌 めよ、 若  汝 に 聴 きなば 汝  兄弟 を 得 たるべし。
18:16 汝 に 聴 かずば、二三の 證人 の 口 によりて 事 の 凡 て 定 らん 為 に、一二 人 を 伴 へ、
18:17 若  是  等 に 聴 かずば 教會 に 告 げよ、 教會 にも 聴 かずば、 汝 に 取 りて 異邦  人  税吏 の 如 き 者 と 見  視做 すべし。
18:18 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 総 て 汝  等 が 地上 にて 繋 がん 所 は、 天 にても 繋 がるべし、 又  総 て 汝  等 が 地上 にて 釈 かん 所 は、 天 にても 釈 かるべし。
18:19 我  更 に 汝  等 に 告 ぐ、 若  汝  等 の 中  二人  地上 にて 同意 せば、 何事 を 願 ふとも、 天 に 在 す 我  父 より 賜 はるべし。
18:20 蓋  我  名 を 以 て二三 人  相  集 れる 處 には、 我  其  中 に 在 り、と。
18:21 時 にペトロイエズスに 近 づきて 云 ひけるは、 主 よ、 我  兄弟 の 我 に 罪 を 犯 すを、 幾度 か 宥 すべき、 七  度 までか。
18:22 イエズス 曰 ひけるは、 我  汝 に 七  度 までとは 云 はず、 七  度 を七十 倍 するまでせよ。
18:23 然 れば 天國 は、 其  臣下 に 會計 せしめんとせる 王 の 如 し、
18:24 會計 を 始 めしに、 王 に一萬タレントの 負債 ある 者  差出 されしが、
18:25 返 す 術 なき 儘 に、 主君 は 彼 と、 其  妻子 と 凡 ての 所有物 とを 売 りて 還 す 事 を 命 ぜり。
18:26 然 るに 其  臣下  平伏 して 願 ひけるは、 暫 く 我 を 忍容 し 給 へ、 我  悉 く 返済 せん、と。
18:27 主君  其  臣下 を 憐 みて 之 を 許 し、 其  負債 をも 免 せり。
18:28 然 て 彼  臣下  出 でて、 己 に 百 デナリオの 負債 ある、 一人 の 同僚 に 遇 ひしかば、 負債 を 還 せと 云 ひつつ、 執 へて 其  喉 を 扼 むるに、
18:29 同僚  平伏 して、 姑 く 我 を 忍容 し 給 へ、 我  悉 く 返済 せん、と 願 へども、
18:30 彼  肯 ぜずして 去 り、 負債 を 還 すまで 之 を 監獄 に 入 れたり。
18:31 同僚  等 は、 其  顛末 を 見 て 甚 く 憂 ひ、 來 りて 事 の 次第 を 悉 く 主君 に 語 りしかば、
18:32 主君  彼 を 召 して 云 ひけるは、 汝  兇惡 の 臣 、 汝 の 願 に 因 りて、 我  悉 く 負債 を 汝 に 免 せり、
18:33 然 れば 我 が 汝 を 憐 みし 如 く、 汝 も 亦  同僚 を 憐 むべかりしに 非 ずや、と。
18:34 斯 て 主君  怒 りて、 負債 を 盡 く 還 すまで 彼 を 刑吏 に 付 せり。
18:35 汝  等  若  各  心 より 己 が 兄弟 を 宥 さずば、 我 が 天  父 も 亦 、 汝  等 に 斯 の 如 く 為 し 給 ふべし。