10:1 イエズス 己 が十二の 弟子 を 召集 め、 是 に 汚鬼  等 を 逐  払 ひ、 諸 の 病 、 諸 の 患 を 醫 す 権能 を 賜 ひしが、
10:2 其 十二 使徒 の 名 は、 第 一ペトロと 云 へるシモン、 其  兄弟 アンデレア、
10:3 ゼベデオの 子 ヤコボ 及  其  兄弟 ヨハネ、フィリッポ 及 バルトロメオ、トマ 及  税吏 マテオ、アルフェオの[ 子 ]ヤコボ 及 タデオ、
10:4 カナアンのシモン 及 イエズスを 売 りしイスカリオテのユダ 是 なり。
10:5 イエズス 此 十二 人 を 遣 はすとて、 命 じて 曰 ひけるは、 汝  等  異邦  人 の 道 に 往 かず、サマリア 人 の 町 にも 入 らず、
10:6 寧 イスラエルの 家 の 迷 へる 羊 に 往 け。
10:7 往 きて 天國 は 近 づけりと 宣教 へよ。
10:8 病人 を 醫 し、 死人 を 蘇 らせ、 癩  病人 を 淨 くし、 惡魔 を 逐払 へ。 價  無 しに 受 けたれば 價  無 しに 與 へよ。
10:9 金  銀  又 は 銭 を 汝  等 の 帯 に 持 つこと 勿 れ、
10:10 旅  嚢 も二 枚 の 下着 も、 沓 も 杖 も 亦  同 じ、 其 は 働 く 人 は 其  糧 を 受 くるに 價 すればなり。
10:11 何 れの 町  村 に 入 るも、 其  中 に 相應 しき 人 の 誰 なるかを 尋 ねて、 出 るまで 其處 に 留 まれ。
10:12 家 に 入 る 時 、 此  家 に 平安 あれかしと 云 ひて 之 を 祝 せよ、
10:13 其  家  果 して 是 に 値 するものならば、 汝  等 の[ 祈 る] 平安  其  上 に 臨 まん、 若 し 値 せざるものならば、 其  平安  汝  等 に 歸 らん。
10:14 総 て 汝  等 を 承 けず、 汝  等 の 言 を 聞 かざる 人 に 向 ひては、 其  家  又 は 町 を 出 て 足 の 塵 を 払 へ。
10:15 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 審判 の 日 に 當 りて、ソドマ 人 とゴモラ 人 との 地 は、 此  町 よりも 忍 び 易 からん。
10:16 看 よ、 我 が 汝  等 を 遣 はすは、 羊 を 狼 の 中 に[ 入 るるが] 如 し、 故 に 蛇 の 如 く 敏 く、 鴿 の 如 く 素直 なれ。
10:17 人 に 警戒 せよ、 其 は 汝  等 を 衆議所 に 付 し、 又  其  諸  會堂 にて 鞭 つべければなり。
10:18 又  我  為 に 汝  等  官吏  帝王 の 前 に 引 かれて、 彼等  及  異邦  人 に 證 となる 事 あるべし、
10:19 付 さるる 時 、 如何 に 又  何 を 云 はん、と 案 ずること 勿 れ、 云 ふべき 事 は 其  時  汝  等 に 賜 はるべければなり。
10:20 蓋  其  語 るは 汝  等 に 非 ずして、 父 の 霊 の 汝  等 の 中 に 在 して 語 り 給 ふなり。
10:21 然 りながら 兄弟 は 兄弟 を 死 に 付 し、 父 は 子 を 付 し、 子等 は 兩親 に 逆 らひ、 且  之 を 殺 さん、
10:22 又  我  名 の 為 に、 汝  等  凡 ての 人 に 憎 まれん、 然 れど 終 まで 堪忍 ぶ 人 は 救 はるべし。
10:23 此  町 にて 迫害 せられなば 他 の 町 に 遁 れよ、 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 人 の 子 の 來 る 迄 に、 汝  等 イスラエルの 町々 を 盡 さざるべし。
10:24 弟子 は 其  師 に 優 らず、 僕 は 其  主人 に 優 らざるなり。
10:25 弟子 としては 其  師 の 如 く、 僕 としては 其  主人 の 如 くなれば 足 れり。 人々  家父 をベエルゼブブと 名 けたれば、 况 や 其  族 をや。
10:26 然 れは 彼等 を 怖 るる 勿 れ、 其 は 蔽 はれて 顕 れざるべきは 無 く、 隠 れて 知 れざるべきは 無 ければなり。
10:27 我 が 暗黒 に 於 て 汝  等 に 云 ふ 事 を、 汝  等  光明 に 於 て 云 へ、 耳 を 當 てて 聞 く 事 を 屋根 の 上 にて 宣 べよ。
10:28 又  身 を 殺 して 魂 を 殺 し 得 ざる 者 を 怖 るること 勿 れ、 寧  魂 と 身 とを 地獄 に 亡 ぼし 得 る 者 を 怖 れよ。
10:29 二 羽 の 雀 は二 銭 にて 売 るに 非 ずや、 然 も 汝  等 の 父 によらずしては、 其 一 羽 だも 地 に 落 つる 事 あらじ。
10:30 汝  等 は 毛  髪 までも 皆  數 へられたり、
10:31 故 に 怖 るること 勿 れ、 汝  等 は 多 くの 雀 に 優 れり。
10:32 然 れば 総 ての 人 の 前 に 我 を 宣言 する 人 は、 我 も 亦  天 に 在 す 我  父 の 御前 に 之 を 宣言 すべく、
10:33 人 の 前 に 我 を 否 む 人 は、 我 も 亦  天 に 在 す 我 が 父 の 御前 に 之 を 否 むべし。
10:34 我  地 に 平和 を 持  來 れりと 思 ふこと 勿 れ、 我 が 持  來 れるは 平和 に 非 ずして 刃 なり。
10:35 我 が 來 れるは、 人 を 其  父 より、 女 を 其  母 より、 嫁 を 其  姑 より 分 つべきなり。
10:36 人 の 族 は 其  仇 となるべし。
10:37 我 よりも 父  若 くは 母 を 愛 する 人 は 我 に 應 はず、 我 よりも 子  若 くは 女 を 愛 する 人 は 我 に 應 はず、
10:38 又  己 が 十字架 を 取 りて 我 に 從 はざる 人 は 我 に 應 はざるなり、
10:39 己 が 生命 を 保 つ 人 は 之 を 失 ひ、 我  為 に 生命 を 失 ふ 人 は 之 を 保 たん。
10:40 汝  等 を 承 くる 人 は 我 を 承 くるなり、 我 を 承 くる 人 は 我 を 遣 はし 給 ひし 者 を 承 くるなり。
10:41 預言  者 の 名 の 為 に 預言  者 を 承 くる 人 は、 預言  者 の 報 を 受 け、 義人 の 名 の 為 に 義人 を 承 くる 人 は、 義人 の 報 を 受 けん。
10:42 誰 にもあれ、 弟子 の 名 の 為 に、 冷水 の 一杯 をも、 此  最  小 き 者 の 一人 に 飲 まする 人 は、 我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 其  報 を 失 ふことあらじ、[と 宣 へり]。