5:1  第 二 款 山上 の 説教    イエズス 群衆 を 見 て、 山 に 登 りて 坐 し 給 ひしかば、 弟子  等  是 に 近 づきけるに、
5:2 口 を 開 きて、 彼等 に 教 へて 曰 ひけるは、
5:3 福 なるかな 心 の 貧 しき 人 、 天國 は 彼等 の 有 なればなり。
5:4 福 なるかな 柔和 なる 人 、 彼等 は 地 を 得 べければなり。
5:5 福 なるかな 泣 く 人 、 彼等 は 慰 めらるべければなり。
5:6 福 なるかな 義 に 飢渇 く 人 、 彼等 は 飽 かさるべければなり。
5:7 福 なるかな 慈悲 ある 人 、 彼等 は 慈悲 を 得 べければなり。
5:8 福 なるかな 心 の 潔 き 人 、 彼等 は 神 を 見  奉 るべければなり。
5:9 福 なるかな 和睦 せしむる 人 、 彼等 は 神 の 子等 と 稱 へらるべければなり。
5:10 福 なるかな 義 の 為 に 迫害 を 忍 ぶ 人 、 天國 は 彼等 の 有 なればなり。
5:11 我 が 為 に 人々  汝  等 を 詛 ひ、 且  迫害 し、 且  僞 りて、 汝  等 に 就 きて 所有 る 惡聲 を 放 たん 時 、 汝  等 は 福 なるかな、
5:12 歓  躍 れ、 其 は 天 に 於 る 汝  等 の 報  甚  多 かるべければなり。 蓋  汝  等 より 先 に 在 りし 預言  者  等 も 斯 く 迫害 せられたり。
5:13 汝  等 は 地 の 塩 なり、 塩  若  其  味 を 失 はば、 何 を 以 てか 是 に 塩 せん、 最早  用 なく、 外 に 棄 てられて 人 に 踏 まるべきのみ。
5:14 汝  等 は 世 の 光 なり。 山 の 上 に 建 てたる 街 は 隠 るること 能 はず。
5:15 人 は 又  燈 を 點 して 枡 の 下 に 置 かず、 家 に 在 る 凡 ての 物 を 照 らさん 為 に、 之 を 燭台 の 上 に 置 く。
5:16 斯 の 如 く、 汝  等 の 光 は 人 の 前 に 輝 くべし、 然 らば 人 は 汝  等 の 善業 を 見 て、 天 に 在 す 汝  等 の 父 に 光榮 を 歸 し 奉 らん。
5:17 我  律法  若 くは 預言  者 を 廃 せんとて 來 れりと 思 ふこと 勿 れ、 廃 せんとて 來 りしには 非 ず、 全 うせんが 為 なり。
5:18 蓋  我  誠 に 汝  等 に 告 ぐ、 天地 の 過 ぐるまでは、 律法 より一 點 一 画 も 廃 らずして、 悉 く 成就 するに 至 るべし。
5:19 故 に 彼  最 も 小 き 掟 の 一 を 廃 し、 且  其  儘  人 に 教 ふる 者 は、 天國 にて 最  小 き 者 と 稱 へられん、 然 れど 之 を 行 ひ 且  教 ふる 者 は、 天國 にて 大 なる 者 と 稱 へられん。
5:20 蓋  我  汝  等 に 告 ぐ、 若  汝  等 の 義 、 律法  學士 ファリザイ 人  等 の 其 に 優 るに 非 ずば、 汝  等  天國 に 入 らざるべし。
5:21 「 殺 す 勿 れ、 殺 す 人 は 裁判 せらるべし」と、 古 の 人 に 云 はれしは、 汝  等 の 聞 ける 所 なり。
5:22 然 れど 我  汝  等 に 告 ぐ、 総 て 其  兄弟 を 怒 る 人 は 裁判 せらるべし、 其  兄弟 を 愚者 よと 云 ふ 人 は 衆議所 の 處分 を 受 けん、 狂妄  者 よと 云 ふ 人 は 地獄 の 火 に 當 るべし。
5:23 故 に 汝  若  禮物 を 祭壇 に 献 ぐる 時 、 其處 に 於 て、 何 にもあれ 兄弟 に 怨 まるる 事 あるを 思  出 さば、
5:24 其  禮物 を 其處 に、 祭壇 の 前 に 措 き、 先  往 きて 兄弟 と 和睦 し、 然 る 後 に 來 りて 其  禮物 を 献 げよ。
5:25 汝  敵手 と 共 に 途 に 在 る 中 に 早 く 和解 せよ、 恐 らくは 敵手 より 判事 に 付 され、 判事 より 下役 に 付 され、 遂 に 監獄 に 入 れられん、
5:26 我  誠 に 汝 に 告 ぐ、 最終 の一 厘 を 還 す 迄 は 其處 を 出 でざるべし。
5:27 「 汝  姦淫 する 勿 れ」と 古 の 人 に 云 はれしは 汝  等 の 聞 ける 所 なり。
5:28 然 れど 我  汝  等 に 告 ぐ、 総 て 色情 を 起 さんとて 婦 を 見 る 人 は、 既 に 心 の 中 に 之 と 姦淫 したるなり。
5:29 若  汝 の 右 の 目  汝 を 躓 かさば 之 を 抉 りて 棄 てよ、 其 は 汝 に 取 りて、 五體 の 一 の 亡 ぶるは、 全身 を 地獄 に 投入 れらるるに 優 ればなり。
5:30 若  汝 の 右 の 手  汝 を 躓 かさば 之 を 切 りて 棄 てよ、 其 は 汝 に 取 りて、 五體 の 一 の 亡 ぶるは、 全身 の 地獄 に 行 くに 優 ればなり。
5:31 又 「 何人 も 妻 を 出 さば 是 に 離縁  状 を 與 ふべし」と 云 はれたる 事 あり。
5:32 然 れど 我  汝  等 に 告 ぐ、 総 て 私通 の 故 ならで 妻 を 出 す 人 は、 之 をして 姦淫 せしむるなり、 又  出 されたる 婦 を 娶 る 人 も 姦淫 するなり。
5:33 又 「 僞 り 誓 ふ 勿 れ、 誓 ひたる 事 は 主 に 果 すべし」と 古 の 人 に 云 はれしは、 汝  等 の 聞 ける 所 なり。
5:34 然 れど 我  汝  等 に 告 ぐ、 断 じて 誓 ふ 勿 れ。 天 を 指 して[ 誓 ふ 勿 れ]、 其 は 神 の 玉座 なればなり。
5:35 地 を 指 して[ 誓 ふ 勿 れ]、 其 は 神 の 足  台 なればなり。エルザレムを 指 して[ 誓 ふ 勿 れ]、 其 は 大王 の 都 なればなり。
5:36 汝 の 頭 を 指 して 誓 ふ 勿 れ、 其 は 一縷 の 髪 だも、 白 く 或 は 黒 くすることを 得 ざればなり。
5:37 汝  等  唯 、 然 り 然 り 否々 と 云 へ、 是 より 過 ぐる 所 は 惡 より 出 るなり。
5:38 又 「 目 にて 目 を[ 償 ひ]、 歯 にて 歯 を[ 償 ふべし]」と 云 はれしは 汝  等 の 聞 ける 所 なり。
5:39 然 れど 我  汝  等 に 告 ぐ、 惡人 に 抗 ふ 勿 れ、 人  若 し 汝 の 頬 を 打 たば、 他 の[ 頬 ]をも 是 に 向 けよ。
5:40 又  汝 を 訟 へて 下  着 を 取 らんとする 人 には 上着 をも 渡 せ。
5:41 又  汝 を 強 て一千 歩 を 歩 ませんとする 人 あらば、 尚 二千 歩 を 彼 と 共 に 歩 め。
5:42 汝 に 乞 ふ 人 に 與 へよ、 汝 に 借 らんとする 人 に 身 を 背 くること 勿 れ。
5:43 「 汝 の 近 き 者 を 愛 し、 汝 の 敵 を 憎 むべし」と 云 はれしは、 汝  等 の 聞 ける 所 なり。
5:44 然 れど 我  汝  等 に 告 ぐ、 汝  等 の 敵 を 愛 し、 汝  等 を 憎 む 人 を 恵 み、 汝  等 を 迫害 し 且  讒謗 する 人 の 為 に 祈 れ。
5:45 是  天 に 在 す 汝  等 の 父 の 子等 たらん 為 なり、 其 は 父 は 善人 にも 惡人 にも 日 を 照 らし、 義者 にも 不義  者 にも 雨 を 降 らし 給 へばなり。
5:46 汝  等  己 を 愛 する 人 を 愛 すればとて、 何 の 報 をか 得 べき、 税吏 も 然 するに 非 ずや。
5:47 又  己 の 兄弟等 にのみ 挨拶 すればとて、 何 の 勝 れたる 事 をか 為 せる、 異邦  人 も 然 するに 非 ずや。
5:48 故 に 汝  等 の 天  父 の 完全 に 在 す 如 く、 汝  等 も 亦  完全 なれ。