3:1  第 一 款 洗者 ヨハネの 先駆     其  頃 、 洗者 ヨハネ 來 りてユデアの 荒野 に 教 を 宣 べ、
3:2 云 ひけるは、 汝  等  改心 せよ、 天國 は 近 づけり、と。
3:3 蓋  是  預言  者 イザヤによりて 云 はれし 人 なり、 曰 く「 荒野 に 呼 はる 人 の 聲 ありて 云 ふ、 汝  等  主 の 道 を 備 へ、 其  小径 を 直 くせよ」と。
3:4 ヨハネは 駱駝 の 毛  衣 を 着 、 腰 に 皮帯 を 締 め、 蝗 と 野  蜜 とを 常食 と 為 し 居 たりき。
3:5 時 にエルザレムユデアの 全國 ヨルダン[ 河 ]に 沿 へる 全  地方 [の 人 ] 彼 の 許 に 出 で、
3:6 己 が 罪 を 告白 して、ヨルダンにて 洗 せられ 居 りしが、
3:7 多 くのファリザイ 人  及 サドカイ 人 の 己 に 洗 せられんとて 來 るを 見 て、ヨハネ 是 に 云 ひけるは、 蝮 の 裔 よ、 來 るべき 怒 を 逃 るる 事 を 誰 か 汝  等 に 誨 へしぞ。
3:8 然 れば 改心 の 相當 なる 果 を 結 べよ。
3:9 汝  等 、 我  等 の 父 にアブラハムありと 心 の 中 に 云 はんとすること 勿 れ、 蓋  我  汝  等 に 告 ぐ、 神 は 是  等 の 石 よりアブラハムの 為 に 子等 を 起 すことを 得  給 ふ。
3:10 斧  既 に 樹 の 根 に 置 かれたり、 故 に 総 て 善 き 果 を 結 ばざる 樹 は 伐 られて 火 に 投入 れらるべし。
3:11 我 は 改心 の 為 に 水 にて 汝  等 を 洗 すれども、 我  後 に 來 り 給 ふ 者 は 我 よりも 力 あり、 我 は 其  履 を 執 るにも 足 らず、 彼 は 聖霊 と 火 とにて 汝  等 を 洗 し 給 ふべし。
3:12 彼 の 手 に 箕 ありて 其  禾場 を 浄 め、 麦 は 倉 に 納 め、 糠 は 消 えざる 火 にて 焼 き 給 ふべし、と。   
3:13  第 二 款 キリスト 自身 の 豫備       此  時 イエズス、ヨハネに 洗 せられんとて、ガリレアよりヨルダン[ 河 ]に 來 り 給 ひしかば、
3:14 ヨハネ 辞 して 云 ひけるは、 我 こそ 汝 に 洗 せらるべきに、 汝  我 に 來 り 給 ふか。
3:15 イエズス 答 へて 曰 ひけるは、 姑 く 其 を 許 せ、 斯 く 我  等 が 正 しき 事 を、 悉 く 遂 ぐるは 當然 なればなり、と。 是 に 於 てヨハネ 是 に 許 ししかば、
3:16 イエズス 洗 せられて 直 に 水 より 上 り 給 ひしが、 折 しも 天  彼 の 為 に 開 け、 神 の 霊  鳩 の 如 く 降 りて 我  上 に 來 り 給 ふを 見  給 へり、
3:17 折 しも 又  天 より 聲 ありて、「 是 ぞ 我  心 を 安 んぜる 我  愛子 なる」と 云 へり。