1:1  第 一 項  キリスト 人  性 の 系圖    アブラハムの 裔 なるダヴィドの 裔 イエズス、キリストの 系圖 。
1:2 アブラハムイザアクを 生 み、イザアクヤコブを 生 み、ヤコブユダと 其  兄弟等 とを 生 み、
1:3 ユダタマルによりてファレスとザラとを 生 み、ファレスエスロンを 生 み、エスロンアラムを 生 み、
1:4 アラムアミナダブを 生 み、アミナダブナアソンを 生 み、ナアソンサルモンを 生 み、
1:5 サルモンラハブによりてボオズを 生 み、ボオズルトによりてオベドを 生 み、オベドイエッセを 生 み、イエッセダヴィド 王 を 生 み、
1:6 ダヴィド 王 ウリアの[ 妻 ]たりし 者 によりてサロモンを 生 み、
1:7 サロモンロボアムを 生 み、ロボアムアビアを 生 み、アビアアザを 生 み、
1:8 アザヨザファトを 生 み、ヨザファトヨラムを 生 み、ヨラムオジアを 生 み、
1:9 オジアヨアタムを 生 み、ヨアタムアカズを 生 み、アカズエゼキアを 生 み、
1:10 エゼキアマナッセを 生 み、マナッセアモンを 生 み、アモンヨジアを 生 み、
1:11 バビロンに 移 さるる 頃 ヨジアイエコニアと 其  兄弟等 とを 生 み、
1:12 バビロンに 移 されたる 後 イエコニアサラチエルを 生 み、サラチエルゾロバベルを 生 み、
1:13 ゾロバベルアビユドを 生 み、アビユドエリアキムを 生 み、エリアキムアゾルを 生 み、
1:14 アゾルサドクを 生 み、サドクアキムを 生 み、アキムエリユドを 生 み、
1:15 エリユドエレアザルを 生 み、エレアザルマタンを 生 み、マタンヤコブを 生 み、
1:16 ヤコブマリアの 夫 ヨゼフを 生 み、 此 マリアよりキリストと 稱 するイエズス 生 れ 給 へり。
1:17 然 れば 歴代 は、 総 てアブラハムよりダヴィドまで十四 代 、ダヴィドよりバビロンに 移 さるるまで十四 代 、バビロンに 移 されてよりキリストまで十四 代 [とす]。    
1:18  第 二 項  ヨゼフとマリアとの 婚姻  及 キリストの 誕生       然 てキリストの 生 れ 給 ひし 次第 は 次 の 如 し。 其  母 マリアヨゼフに 聘定 せられしに、 同居 せざる 前  聖霊 によりて 懐胎 せる 事  顕 れしが、
1:19 夫 ヨゼフ 義人 にして 彼 を 訟 ふる 事 を 好 まざれば、 密 に 之 を 離別 せんと 思 へり。
1:20 是  等 の 事 を 思 ひ 回 らす 折 しも、 主 の 使  彼 が 夢 に 現 れて 云 ひけるは、ダヴィドの 裔 ヨゼフよ、 汝 の 妻 マリアを 納 るる 事 を 懼 るる 勿 れ、 蓋  彼 に 胎 れるものは 聖霊 によれり。
1:21 彼  一子 を 生 まん、 汝  其  名 をイエズスと 名 くべし、 其 は 自  己 が 民 を 其  罪 より 救 ふべければなり、と。
1:22 総 て 此  事 の 成 りしは、 主 が 曾 て 預言  者 を 以 て 曰 ひし 事 の 成就 せん 為 なり、
1:23 曰 く「 看 よ 童貞女  懐胎 して 一子 を 生 まん、 其  名 はエンマヌエルと 稱 へられん」と。エンマヌエルとは 我  等 と 偕 に 在 す 神 の 義 なり。
1:24 ヨゼフ 睡 より 起 きて、 主 の 使 より 命 ぜられし 如 くにして 其  妻 を 納 れしが、
1:25 牀 を 偕 にせずして 家  子 を 生 むに 至 れり、 而 して 其  子 の 名 をイエズスと 名 けたり。